• 近代日本彫刻展 −A Study of Modern Japanese Sculpture−

    近代日本彫刻展 −A Study of Modern Japanese Sculpture−

    ヘンリー・ムーア・インスティテュート×武蔵野美術大学 美術館・図書館 共同開催
    Henry Moore Institute×Musashino Art University Museum & Library

    <small>近代日本彫刻展 −A Study of Modern Japanese Sculpture−</small>

    会 期|
    2015年5月25日(月)ー8月16日(日)
    休館日|
    日曜日、祝日 ※6月14日(日)、7月20日(月・祝)、8月16日(日)は特別開館
    時 間|
    10:00ー18:00(土曜日、特別開館日は17:00閉館)
    入館料|
    無料
    会 場|
    武蔵野美術大学美術館 展示室5
    主 催|
    武蔵野美術大学 美術館・図書館
    協 力|
    藤井 明(小平市平櫛田中彫刻美術館学芸員)
    田中修二(大分大学教育福祉科学部准教授)
    エドワード・アーリントン(Edward Allington/ロンドン大学スレード校大学院彫刻科長・教授)
    助 成|
    公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団

    監 修|  黒川弘毅(武蔵野美術大学彫刻学科教授)

    共同企画| ヘンリー・ムーア・インスティテュート

    概 要|
    イギリス、ヘンリー・ムーア・インスティテュートの企画による本展では、森川杜園、高村光太郎、佐藤朝山、橋本平八、横田七郎の木彫など、日本の近代彫刻の特徴を示す自然物をモチーフにした彫刻約10点を紹介する。明治以降、彫刻史において独自のポジションを形成した近代日本彫刻の意義を検証すると同時に、その作品の魅力に迫る。
    This exhibition, planned in conjunction with the Henry Moore Institute in the UK, introduces work by Toen Morikawa, Kotaro Takamura, Chozan Sato, Heihachi Hashimoto, and Shichiro Yokota to explore, through ten sculptures with natural objects as their subject matter, the distinctive characteristics of modern Japanese sculpture. The exhibition offers visitors the opportunity to explore these fascinating works while confirming the significance of modern Japanese sculpture, which has established its own position in the history of sculpture from the Meiji period on.

    ※この巡回展はロンドン大学スレード校とヘンリー・ムーア・インスティテュートそして武蔵野美術大学による国際共同研究“「the Modern Japanese Sculpture Network」の一環として企画されました。当共同研究はイギリスのアーツ・アンド・ヒューマニティ-ズ・リサーチ・カウンシルから助成を頂いております。
    The exhibition is part of an international research initiative, the Modern Japanese Sculpture Network, which is a partnership between the Slade School of Fine Art, University College London (UCL), The Henry Moore Institute, Leeds and Musashino Art University, Tokyo, supported by a grant from the Arts and Humanities Research Council, UK (AHRC).

Comments are closed.